株式投資とは?どう稼ぐ?

「株」と言う投資があることは知っていると思いますが、実際にやったことがないと言う人はどんな仕組みでどうやって稼いでいるのかわからないと思います。そこで今回は「株式投資とはどうやって稼いでいるのか?」をテーマにまとめてみました。

そもそも「株式会社」とはどんな仕組みなの?

日本の会社の多くは「株式会社」と言うものになります。この株式会社とは一体どう言ったものになるのでしょうか?その仕組みから説明していきたいと思います。

そもそも会社というものは「利益を求めることを目的に集まった出来た集団」というものになります。ですが、その利益というものを求めることで社会がより良くなっていくということにもなります。そのために株式会社というものは、事業をする時に自社のお金だけでは足りないということがあります。その時にお金を得る方法が2つあります。

一つ目に「銀行からお金を融資してもらう」という方法になります。
この方法では銀行からまとまったお金を融資してもらうことが出来ますが、お金を借りているので返済して行かなくてはいけません。その際に「利子」というものがつくので銀行から借りたお金以上にお金を返さなくてはいけません。

二つ目に「事業に賛同してくれる出資者から投資をしてもらう」という方法になります。その会社のサービスや製品を開発することで社会がよくなったり利益が出るということになるのでお金を出してくれる人を探します。お金を出してくれた人にその証明として会社の一部となる「株式」を発行します。そうすることで出資者は「株主」と呼ばれ会社のオーナーの1人になってもらうということになります。

会社の一員になってお金を出していることになるので、会社側はお金を返済する義務がないので、そのお金を長期的に使って事業に専念することが出来るということになります。

これが株式会社のお金の流れになります。

その株主や株とは?

株式会社は事業に賛同してお金を出してくれる人に対して株を発行して資金を得ます。資金を調達してきた株主はその会社のオーナーの1人となるので「配当金」や「議決権」などが発生します。

「議決権」とは株主総会と言われる会合に出席することができ、企業の経営に意見を言うことが出来るようになります。他にも重要なことを決める決議に投票することが出来るようになるということです。

「配当金」とはその企業の業績がプラスになっている時に投資してくれた株主に対して企業側から株主に対して利益の少しを分け与えることがありそれを受け取ることが出来るようになります。

株価が動く仕組みとは?

会社の価値を決める株価というものは常に変動しています。なぜ変動するかというとその株式を「買いたいと思う人」と「売りたいと思う人」の割合で決まっていきます。

企業の業績がいいとその会社の株式が欲しいと思う人が多くなってくるために「売りたい」という人よりも「買いたい」と思う人が多くなれば株価が上昇していきます。

反対に「買いたい」と思う人よりも「売りたい」人が多いと株価が下降してしまうということになります。株価が動く原因としては業績だけじゃなく景気や政治動向や金利動向などの社会情勢も関わってきます。

どうやって株で稼ぐのか?

では投資家や株主はどうやって株で稼ぐことが出来るのでしょうか?

配当金

先ほど軽く紹介した「配当金」です。株主は会社のオーナーの1人ということになるので企業の業績がよければ年に1~2回会社の利益を分けてもらうことが出来るというものになります。株を持っている限りその企業の業績が良ければ継続的に受け取ることが出来るものになります。これを「インカムゲイン」ともいいます。

株主優待

ここ数年でテレビや雑誌でも取り上げられているので「株主優待」という言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。どんなものかというとお金を出してくれた株主に企業側から感謝のお礼を込めて送るサービスみたいなものになります。
送る商品はさまざまで自社製品を送る企業もあれば自社サービスの「特別割引券」や「特別招待券」などのものやお米や金券を渡すようなところもあります。

有名な話でいうとディズニーリゾートを運営している株式会社オリエンタルランドの株主優待はディズニーパーク招待券だったりもします。

売買益(値上がり益)

株式で稼ごうと思い考えるのがこの「売買益(値上がり益)」というものになると思います。

例えば株価が1,000円の会社の株を100株購入したとします。
購入金額は1,000×100=100,000円ということになります。

でもこの株を保有している時にその株価が倍の2,000円になったとします。その時に100株全て売ると2,000×100=200,000円ということになるので購入した時は10万円だったものが20万円で売れたので「10万円の利益」となります。

この利益分の10万円を売買益(値上がり益)として得ることが出来ることを「キャピタルゲイン」ともいいます。

株で稼ぐまとめ

株の稼ぎ方というものを紹介させてもらいました。「売買益(値上がり益)」を狙うという人が多くいるかもしれませんが、会社オーナーの一員になるわけなのでその会社が何をやっている会社で今どんな事業に取り組んでいるのかを考えることで株価がどう動くのか予測をしやすくなるということもあるかもしれません。